Mageia について (4 - net_applet から NetworkManager へ)

今回は短い記事。Mageia デフォルトの net_applet から GNOME の NetworkManager への移行にまつわるメモ。

net_applet vs. NetworkManager

net_applet は Mageia の GNOME以外のエディションをインストールした際に自動で設定される。GNOMEへの対応のためにNetworkManagerもリポジトリに用意されているが、以下のような事情がある時はnet_appletからの移行先にもなる。

なぜ移行?

理由は単純。手元の環境ではMageia にデフォルトで入っている net_applet の動作が不安定だったから。wifi に繋いでも勝手に接続が切れたり、うまく電波の強いAPに接続してくれなかったりとなかなかうまく動かなかったが、NetworkManager へ移行したら安定した。これはどちらかというと「Mageia をインストールしたがネットワーク接続が挙動不審」といったケースや「NetworkManager を使用したい」といった特殊なケースのみで、現時点で無事に稼働しているなら特別に NetworkManager への移行を勧めるわけではない。

手順

参考: Switching to networkmanager - Mageia Wiki 英語版

echo "AUTOSTART=FALSE" > ~/.net_applet

doas dnf install plasma-applet-nm
doas killall net_applet

doas systemctl enable --now NetworkManager.service; systemctl enable NetworkManager.service
doas systemctl restart NetworkManager.service
doas systemctl mask network.service; systemctl mask network-up

注) KDE-plasma 以外のDEを使っている場合には plasma-applet-nm の代わりに networkmanagernetworkmanager-applet をインストールする